• このエントリーをはてなブックマークに追加

和紡布ってご存知ですか?

昔ながらの手紡ぎの技術で作られたオーガニックコットンで、石鹸を使わなくても汚れを落とせる環境にやさしい布です。

和紡布のハンカチで洗顔すればメイク落としが要らないということで私が興味をもったのですが、飽きやすい私はしばらく使ってタンスの肥やし。

一方、夫は浴用タオルとしてボロボロになるまで愛用し続け、

「また同じもの買って」

とリクエストが来たんですよ。

和紡布ミニタオル 4年間、毎日使ってボロボロ

前回、夫の浴用に和紡布ミニタオルを購入したのは、2014年の10月でした。

夫は毎晩、このタオルをお風呂で身体を洗うのに使って、真水ですすいで、絞って干していました。私がたまに洗濯機で洗っていました。

このボロ具合はさすがの私も気になっていて、買い替えを検討中だったんです。

夫は肌が弱いのでナイロンのボディタオルでは悪いだろうし、シルクはアカスリになるくらい刺激が強いし、コットンでも泡立ちが悪かろう…といろいろ考えていたんですよ。

そうです、泡立ちが悪そうなこのタオル、夫が気に入っているなんて知らなかったんです。

だから、同じものを買ってくれと言われたときにはちょっとびっくりしました。

夫
たまに石鹸を使わずにこのタオルだけで身体をこするとつるっつるになるんだ

しかも、石鹸を使わない洗い方までマスターしていた…

 

新しい和紡布ミニタオルを購入しました

同じものでいいならすぐに購入するわね、と言いつつ、楽天24のクーポンが使えるまとめ買いの日まで1ヶ月近く待たせた鬼嫁さきこ。

新品と比べてみたらまたえげつないの…

使用済みはグレー、新品はベージュという感じ。

そして使用済みはゴワゴワ、新品はやわらか~いの。

 

新しい和紡布を手に入れた夫は、その日からるんるんで使っています。

今回、詳しい使い方を聞いてみたのでご紹介しますね。

 

和紡布の使い方!夫が和紡布で湯シャンしていたなんて

和紡布は、ふんわりと柔らかいオーガニックコットンを手で紡いたようなムラのある糸で作られています。自然にできたデコボコで汚れを落としてくれるんです。

しかも普通のコットンの1.2~1.5倍もの吸水性があり、しっかり水を含んだ糸にはもう皮脂やメイクなどの汚れが入り込めないので、水と一緒に汚れは洗い流されてしまいます。

石鹸を使わなくても汚れを落とすことができるというのが和紡布の良いところなんです。

 

前に購入した4年使い倒した和紡布は、石鹸を使っていたので石鹸の成分が残って黒ずんでゴワゴワになっていると思われます。夫の石鹸は黒ですし、香りも強く、タオルを洗濯機で洗ってもそのニオイが残っているくらいなので。

新品になってからは、夫は石鹸を使っていないそうなんです。

タオルが柔らかいので、少し強めにこすってもとても気持ちがよく、つるつるになるのが楽しいと。

なんと、時々は髪の毛も石鹸を使わず和紡布で洗うんだそうで…思わず、どうやって?と聞いてみました。

夫
まず、頭にかぶるんだよ。

タオルを頭の上に広げ、その上に両手を広げて指を10本立て、シャワーの下で地肌を揉むように洗うんだそうです。

夫
イメージとしては、手袋で洗っているような感じ。

とてもさっぱりするらしいです。

これってミニマリストがよくやってる「湯シャン」ですよね~

身体と同じ石鹸で髪の毛まで洗っている夫をすごいと思っていたけど、まさか湯シャンまで極めていたとは…

 

和紡布は大きさによって健康タオル、ミニタオル、化粧タオルと3種類があり、夫が浴用にしているのはミニタオルです。

メイク落としにつかうならハンカチサイズの化粧タオルです。2枚セットなので、食器洗いにも。

私もタンスに2枚入っているのでまた使ってみようかな~ 

メイク落としが要らないわけですし、とにかく丈夫な布で長持ちするから、すごく経済的ですよ。